ご入会ありがとうございます(o^^o)

昨日幼稚園でレッスンしていたら、
女の子がお母さんと入って来て、自分のお口で「見せて~」と(笑)

「うん、いいよ~」と、一曲生徒さんと連弾してるのを聞いて、

「やりたーい」と。

即刻入会が決まりました(^○^)


なんでも、お母さんは習って欲しかったそうですが、お子さんがずっと「ヤダ~」と言ってたそうです。

百聞は一見にしかず、ですね。
レッスン見学して、すぐ習いたくなったとは(^-^)


その後のレッスンで、生徒さんのお母さんが、
「習いたいって言ってるお友達がいます~」
と仰るので、
「さっき来られた方ですか?」と聞いたら、違うお友達との事でした。

とりあえず体験レッスンに来られるそうで、楽しみにしています(o^^o)
スポンサーサイト

講師と生徒の到達地点のズレ

発表会を来月に迎え、私の中では仕上げに入る時期になって来ました。

が…

う~~~~~~~~~~~~~ん(; ̄ェ ̄)

半分以上の生徒さんが、私が「今これぐらい出来ていて欲しい」という演奏とかけ離れています(´・ω・`)

さて、この差をどう折り合いをつけていきましょう?

このままでは、観客の皆さんが発表会の時間を苦痛に感じる時間となってしまうのでは…と正直、かなり焦っています(;´Д`A

まさかの今日、曲変もあり~の。汗汗

暗譜、間に合う?
まだまだ譜読み状態、あり~の…

講師の心、生徒知らず
でございますね、ハイ。

さて、どうやったらお尻に火が付くのか、
いいアイデアないかな。

新しい生徒さん

今日は新しい生徒さん2人のレッスンスタートでした(o^^o)

年中さんと年長さんです。

体験レッスンした時より、リズムが正確に打てるようになっていたり、手首フワフワ体操も上手になってて驚きました!

2人ともとってもしっかりしてるので、これからが楽しみです(*´∇`*)


先日お知らせした、四日市カフェの演奏時間が、10時30分~に変更になりました。
お時間が合いましたら、是非お越し下さいね♪

先輩の言葉は重みがあるね

ちょっと難しいお年頃の生徒ちゃん。
よく弾ける子です。

でも、難しいお年頃に突入してからは、私が思ってるレベルまで、なかなか持ち上がりません。

次に来る生徒ちゃんは、中学生。

その子が来ると、ピリピリした空気がほわ~んと和らぎます。
救世主現る、です(笑)

どうやら今日、ほわわんお姉ちゃんもピリピリムードに気づいた模様。

後で私に聞いてきました。

「まぁー、難しいお年頃だからね~。」
なんて答えると、

「大丈夫!
中学生になったらやるよ!
私も小5、6の時はピアノが辞めたくて、1番嫌だったもん。
だけど今思えば、辞めなくて良かった~って思う。」

と。

頼もしい言葉だね~( ^ω^ )

そう、時が来るまで講師はジッと耐えるのだ(笑)

反抗期は、思春期を迎えるまでに、私とどれだけ近しい関係になってるかでも、違うな~と感じてます。

近ければ近いほど、心を開いてれば開いていたほど、親に近い感覚で、ドーンと私にも反抗期がぶつかってくるな~と思います。

だから、嬉しい事ですね。

この子も、中・高生になったら、私にアドバイスくれるのかな?
楽しみ楽しみ( ^ω^ )

ピティナ

週末、生徒さんがピティナのコンペを受けました。

数日前より、かなり緊張してきたようで、弾けなくなっでしまったようです。

2日前レッスンの時も、
「緊張してる。今までの中で1番緊張してる」と。

緊張してたら耳が聞こえなくなるから、まずは耳のリンパを鎮めようねと、
息を静かに長く吐かせました。

お母さんも私も、時計の音がカチコチと聞こえるのに、本人は何回やっても「聞こえない」と言います。

うーん、こりゃ相当緊張してるぞ…

という事で、その後はイメージトレーニングをさせました。

家でもイメージトレーニングをするように帰し、当日朝レッスン来た時には、開き直って随分落ち着いていました。

やっぱり直前に緊張してる時は、弾かせてどんどんぐちゃぐちゃになるよりは、イメージトレーニングの方が効果あるわね。

本番、彼女(小3)の出来る最高の演奏をしたと思います。

結果は、通過ならずでしたが、通過者はみんな4年生で小3は1人だけ奨励賞でした。

1学年の実力差はやはり大きいのかな。

講評内容は、5人の先生全てがとても高評価をして下さってて、通過はしませんでしたが、
・緊張を克服して最高の演奏をした事
・去年より講評が全て高評価だった事
とても成長を感じました。

本人も、通過した上手な子の演奏を聴いて、とても勉強になったそうです。

組み合わせはヘンデルを選びまして、本人は好きで選んだ近現代の曲の方が難しくて、そちらに練習の重点を置いていたので、

「バロックが上手じゃないと、どんなに近現代を上手に弾いたって聴いて貰えないよ。
近現代はバロックが弾けてこそ、聴いて貰えるよ」

と、とにかく左手のラインを聴けるように、指導してきました。

講評でバロックは全ての先生が、
・丁寧に弾けている
と書いて下さっていて、
他に、
・よくまとめられている
・左手よく歌えてる
・音色の変化も素敵だった
etc…
とにかく褒めて下さっており、彼女の努力が評価されていました。

早速次の目標もあるようなので、応援していきたいと思います(*´∇`*)


プロフィール

mishimapiano

Author:mishimapiano
安佐北区可部・亀山・亀山南
ピアノ教室

フリーエリア
広島ブログ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Adsence
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
5944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
316位
アクセスランキングを見る>>