コンクール、保護者のマナー

昨日は某コンクールがあり、息子と生徒3名が参加しました。

その結果発表前の、審査員の先生からの講評。
曲の講評ではなく、保護者マナーへの厳しい叱責でした。

確かに幼児の部は酷かったのです(*_*)
始まって、曲を弾いてる最中、携帯の音が鳴り響く…これが何と、2回もありました!
1回目で他の方が失態した時、自分の携帯の音が鳴らないか、ハッと気付かなかったのでしょうか⁈

一生懸命練習してきて、たったの30秒すらないような曲を弾いている時に、その曲のほとんどを携帯の音が鳴っているのです。
あまりにひどくないですか?

その後も、曲を弾いてる最中に、前の席から下の子を(泣いていて緊急ではない。泣いていない子を)、後ろの席の祖父母に抱っこで受け渡しに行く方がいらっしゃり…

せめて、曲が終わるまで待てなかったのでしょうか⁈
たったの20~30秒ほどの曲ですよ。

審査員の先生は、
「私は2度とこの会場に審査員として呼ばれないかもしれませんが、言います!」と仰り、
「皆さん、自分の子しか見えてないんです!自分の子供の演奏が終わったらもういいじゃないです!他の子供も同じように可愛がって下さい。
コンクールで演奏中に立たないのは、公共のルールと同じです。
保護者の方もルールを守って下さい。」
と、かなりご立腹でしたが、本当にその通りだと思いました。

このような事をハッキリしっかり伝えて下さり、私は感動しました。

この先生の生徒達へのコメントは、とても優しいコメントでした。
子供達への愛がありました。

ピアノの先生は、生徒をコンクールに出すとき、保護者の皆さんへめマナーをご周知頂くよう、きちんとお伝えしなくてはいけないと思いました。
スポンサーサイト
プロフィール

mishimapiano

Author:mishimapiano
安佐北区可部・亀山・亀山南
ピアノ教室

フリーエリア
広島ブログ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Adsence
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
181位
アクセスランキングを見る>>